地域会場
宿毛の21人コーナーをリニューアル!初展示資料も登場!
昭和期の吉田茂をはじめ、幕末維新期に頭角を現しその後実業家として活躍した竹内綱など、多くの人材を輩出した宿毛。日本の中央から遠く離れたこの地から日本を動かした多くの偉人がなぜ生まれたのか、宿毛の21人の足跡を巡り、文教の風土を体感することでその謎に迫る。
【企画展・イベント情報】
平成29年9月15日(金)~1 ...
宿毛の大江卓
概要
施設写真 施設写真 施設写真

幕末から昭和に躍動した宿毛の21人

吉田茂元首相、早稲田大学を設立した小野梓など、幕末維新に端を発して多くの人材を輩出した宿毛。城下町として栄えた宿毛の歴史など、貴重な資料を展示。

施設詳細・アクセス

宿毛市立宿毛歴史館

すくもしりつすくもれきしかん


電話番号0880-63-5496
住所宿毛市中央2-7-14
営業時間8:30~17:00(最終入館16:30)
休館日月曜(祝日の場合は翌日)
料金200円、中学生以下は100円
駐車場
アクセス東宿毛駅から徒歩約10分
※宿毛駅からバス経路あり(詳しくは宿毛市観光協会まで)
主な所蔵品宿毛の21人に関する品々、宿毛貝塚出土品、山内一豊領地判持、赤穂義士遺墨、宿毛機勢隊腕章
※館内の展示解説については、受付でお申し込みください。(平日は要予約)
大きい地図でみる
周辺の歴史資源
小野梓記念公園

小野梓記念公園 おのあずさきねんこうえん
歴史資源

大隈重信と共に東京専門学校(現早稲田大学)を設立した小野梓をはじめ、竹内明太郎、坂本嘉治馬の胸像がある。

電話番号0880-63-5496
宿毛歴史館
住所宿毛市中央5
駐車場
アクセス東宿毛駅から徒歩約6分
竹内家邸宅跡

竹内家邸宅跡 たけうちけていたくあと
歴史資源

吉田茂の実父竹内綱邸宅跡。小松製作所を創設した竹内明太郎もここで生まれた。

電話番号0880-63-5496
宿毛歴史館
住所宿毛市中央2
駐車場
アクセス東宿毛駅から徒歩約10分
日新館跡

日新館跡 にっしんかんあと
歴史資源

宿毛領主が子弟教育のために設置して、先端の教育を施した。多くの偉人を輩出した宿毛の教育の原点。

電話番号0880-63-5496
宿毛歴史館
住所宿毛市桜町
駐車場
アクセス東宿毛駅から徒歩約10分
大江卓邸跡

大江卓邸跡 おおえたくていあと
歴史資源

維新の志士として活躍し、維新以後は被差別民の人権のために尽力した。

電話番号0880-63-5496
宿毛歴史館
住所宿毛市桜町
駐車場
アクセス東宿毛駅から徒歩約10分
林邸

林邸 はやしてい
歴史資源

当時の形を残した貴重な建築物。林有造は初代高知県令(県知事)で後に逓信大臣等を歴任。その子息譲治も厚生大臣等を歴任し、衆議院議長も務めた。

電話番号0880-63-5496
宿毛歴史館
住所宿毛市中央3
駐車場
アクセス東宿毛駅から徒歩約10分
道の駅すくもサニーサイドパーク

道の駅すくもサニーサイドパーク みちのえきすくもさにーさいどぱーく
お土産

見晴らしがよく、冬はだるま夕日を見ることができる道の駅。観光案内のほか、飲食店や宿毛の名産サンゴの販売所など5店のテナントが並ぶ。

電話番号0880-63-0801
宿毛市観光協会
住所宿毛市坂ノ下1023-44
営業時間店舗により異なる
休館日店舗により異なる
料金店舗により異なる
駐車場55台
アクセス四万十町中央ICから車約95分
手ぶらでファミリーフィッシング

手ぶらでファミリーフィッシング てぶらでふぁみりーふぃっしんぐ
体験

魚の宝庫宿毛湾で気軽にしかも手ぶらで釣りが楽しめる。インストラクターが付いているので、初心者や子どもも安心。

電話番号0880-63-0801
宿毛市観光協会
住所宿毛湾内
営業時間午前コース9:00~12:00
午後コース13:00~16:00
※3日前までに要予約
料金大人・小人ともに1名:3,000円(1セット:釣り道具、エサ)
駐車場
アクセス四万十町中央ICから車約90分
キビナゴ料理

キビナゴ料理 きびなごりょうり
グルメ

キビナゴ丼などの生から花きびなごなどの加工品まで数多く提供されている。

電話番号0880-63-0801
宿毛市観光協会
営業時間店舗により異なる
休館日店舗により異なる
料金店舗により異なる
漁師町の郷土料理体験

漁師町の郷土料理体験 りょうしまちのきょうどりょうりたいけん
体験

栄喜地区の漁協女性部のおばちゃんたちが宿毛湾の魚を使った郷土料理づくりを伝授。

電話番号0880-63-0801
宿毛市観光協会
住所宿毛市小筑紫町栄喜
営業時間9:00~13:00の間で3時間程度
※7日前までに要予約 
料金小学生以上:3,700円 小学生未満:無料
駐車場
アクセス四万十町中央ICから車約105分
だるま夕日

だるま夕日 だるまゆうひ
自然

宿毛湾の冬の風物詩「だるま夕日」は、11月中旬から2月中旬にかけての期間中わずか20回程度しか見ることができないため「幸運の夕日」といわれる。

電話番号0880-63-1119
宿毛市商工観光課
住所宿毛湾周辺
営業時間冬場17:00前後
アクセス四万十町中央ICから車約95分
→
←