坂本龍馬が薩摩藩出身の西郷隆盛と初めて対面したのは元治元(1864)年8月のことでした。これは、龍馬の師匠・勝海舟が西郷隆盛を称賛していたことに、龍馬はどんな人物だろうと興味を持ち、勝に願い出て実現しました。龍馬はその時の様子を勝に「西郷というやつは、わからぬやつでした。釣り鐘に例えると、小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く。」などと大胆な言葉遣いで報告したそうです。

 慶応2(1866)年、龍馬や中岡慎太郎は幕府に対抗する勢力を作るため、激しく争い合っていた薩摩藩と長州藩を結びつけることを目指して動きます。薩摩藩の西郷と小松帯刀の両名と長州藩の桂小五郎(のちの木戸孝允)を会談させ、『薩長同盟』という偉業を達成しました。しかし、その2日後、龍馬は京・寺田屋で襲われ、手に大きなケガを負いました。のちに、龍馬と西郷はこの事件の様子を2人で大笑いしたことが龍馬直筆の書簡で残っています。西郷は龍馬に対して、京にいては命を狙われることや傷の養生も兼ねて、妻のお龍とともに薩摩へ向かうことをすすめました。龍馬らは霧島山や塩浸温泉などを巡り、ここで1か月ほど滞在し、後にこれが日本最初の新婚旅行と言われるようになりました。

 その後、龍馬は薩摩と土佐で倒幕に向けた「薩土盟約」や、将軍徳川慶喜に対して政権の返還「大政奉還」をすすめるなど奔走し、時代は一気に進みました。

 ところが、慶応3(1867)年11月、龍馬は京・近江屋にいるところを何者かに襲撃され、33歳の生涯を閉じました。龍馬の死を知った西郷は「土佐屋敷に入れておけばこんなことにならなかった」と残念がって泣いたといわれています。

 龍馬と西郷の関係はわずか3年という短いものでしたが、2人の出会いと尽力は明治という新しい時代へ向かう大きな原動力になったのは間違いないことでしょう。

 高知県立坂本龍馬記念館

【坂本龍馬書簡「慶応2年12月4日家族宛」】
(高知県立坂本龍馬記念館蔵)
寺田屋事件の際、京の薩摩藩邸にいた西郷隆盛が自ら短銃に弾を込めて助けに来てくれようとしていたことが嬉しかったことなどが綴られている。

 高知県立歴史民俗資料館

【コーナー展 西郷どんがやってきた】
 9月17日(月・祝)~12月16日(日)

当館で収蔵している西郷隆盛が実際に使用していた下駄など、西郷ゆかりの品を展示する。
「西郷隆盛が履いた下駄」(竹村守博氏蔵)

「西郷隆盛が履いた下駄」(竹村守博氏蔵)

 高知県立高知城歴史博物館

【大河ドラマ「西郷どん」全国巡回展】
(主催:NHK高知放送局)
 8月25日(土)~8月31日(金)
大河ドラマ『西郷どん』の魅力とドラマが描く時代を、パネルや映像で紹介するほか、衣裳や小道具、出演者のサイン色紙などを展示する。

 佐川町立青山文庫

【特別展「明治維新と佐川」】 9月1日(土)~11月25日(日)
この企画展で展示予定の西郷直筆の掛け軸。力強い筆運びだが、西郷にしては珍しく、はっきりとした楷書体で書かれているのも特徴である。

「西郷隆盛筆「学校之記」」(佐川町立青山文庫蔵)

「西郷隆盛筆「学校之記」」(佐川町立青山文庫蔵)

 西郷は生涯に2回土佐を訪れています。最初は慶応3(1867)年2月で、薩摩藩主の父・島津久光の命を受け、土佐藩の前藩主・山内容堂と会見するためでした。山内容堂の別邸「散田邸」の中にあった「此君邸」で、西郷は薩摩藩が中心となって京で立ち上げる「四侯会議」への参加を容堂に依頼し、無事に約束を取り付けることができました。

 この会見の地は、現在の高知市鷹匠町の旅館「三翠園」の敷地内にあります。当時に思いを巡らせながら園内を歩いてみてはいかがでしょうか。


【散田邸】高知市鷹匠町

もともとは土佐藩の家臣7人の屋敷があった所を山内容堂が家臣を移転させて設けたもので、約4,800坪もの広大な敷地を誇った。散田邸は明治期に拡充され山内家の本邸となったが、戦後は売却され、うち約3,000坪は三翠園の敷地となっている。


【志国高知幕末維新博特別企画展  
西郷隆盛、三翠園にて山内容堂公に謁見す】

館内ロビーには、歴史の舞台となった物見亭を浮かび上がらせた撮影スポットを設置。また西郷隆盛の年表や山内容堂公の自画賛と言われる掛軸や当時の迫力が伝わる幕末錦絵など、貴重な資料を展示している。(展示期間:平成30年12月まで)
場所:三翠園(高知市鷹匠町1-3-35)
TEL:088-822-0519

 

地元の観光ガイドとあるく「土佐っ歩」に期間限定で「土佐の西郷(せご)どんコース」が登場。西郷隆盛が土佐で訪れた場所を歩いて回る。
(開催日の3日前までに要予約、所要時間約3時間、
 2名様から受付、参加費大人1,200円に路面電車代が必要)
お問い合わせ・お申し込みは高知市立龍馬の生まれたまち記念館(088-820-1115)へ。