土佐の歴史特集

幕末維新のニッポン/土佐 略年表

年号西暦幕末維新のニッポン幕末維新の土佐
嘉永五年1852中浜万次郎、漂流後にアメリカより帰国
嘉永六年1853ペリーが浦賀に来航吉田東洋を仕置役(参政)に起用
安政五年1858安政の大獄山内豊信(容堂)、幕府より謹慎を命じられる
万延元年1860桜田門外の変山内豊信(容堂)、謹慎を解かれる
文久元年1861武市半平太、土佐勤王党を結成
文久二年1862吉村虎太郎・坂本龍馬脱藩
吉田東洋暗殺
文久三年1863八月十八日の政変吉村虎太郎ら天誅組、大和(奈良県)で挙兵
武市半平太ら投獄、土佐勤王党の弾圧が始まる
元治元年1864第一次長州征伐野根山屯集の23名が奈半利川の河原で処刑
慶応元年1865武市半平太、獄中で処刑
慶応二年1866薩長同盟成立坂本龍馬らが薩長同盟を仲介
第二次長州征伐開成館を設立、開業
慶応三年1867大政奉還海援隊・陸援隊を組織
王政復古の大号令山内容堂、大政奉還の建白書を将軍慶喜に提出
坂本龍馬・中岡慎太郎、暗殺される
明治元年1868鳥羽・伏見の戦(戊辰戦争の始まり)土佐藩兵、薩摩・長州の陣営に参加
五箇条の誓文
明治二年1869版籍奉還山内豊範、版籍奉還を建白
明治四年1871廃藩置県廃藩置県により、高知県となる