土佐の歴史特集

【王政復古~廃藩置県】

新政府内の土佐

 新政府は明治元年三月一四日、明治天皇がすべての神々に誓う形で政府の基本方針となる「五箇条(ごかじょう)の誓文(せいもん)」を発表しました。条文の起草には、土佐藩の福岡孝弟(ふくおかたかちか)が参加しています。福岡は続いて政体書(せいたいしょ)の起草にも関わっています。これは、アメリカ合衆国憲法などを参考に作られたもので、三権分立(行政・立法・司法の独立)など、国のあり方を示したものでした。
 そして翌年一月二〇日、薩摩(さつま)・長州・土佐・肥前(ひぜん)の四藩によって領地と領民を天皇に返す、という意見書が朝廷に提出され、六月一七日に認められました。これ以後、土佐藩の正式名称は高知藩となります。
出典:「幕末維新の土佐 人物紹介」