土佐の歴史特集

【幕末と呼ばれる時代】

 日本の歴史の中で、武家の政権は鎌倉幕府(かまくらばくふ)、室町幕府(むろまちばくふ)、江戸幕府(えどばくふ)と3回ありますが、通常「幕末」と言えば江戸幕府の末期を指します。
 江戸幕府は、オランダや清(しん)(中国)などの限られた国とだけ国交を持つ鎖国(さこく)と呼ばれる政策を採っていました。しかし、江戸幕府の後期に当たる一八〇〇年前後から、他の欧米諸国の船が日本近海に現れるようになります。そして、隣国の清(しん)では一八四〇年にイギリスとアヘンを巡って戦争になり、敗れてしまい、不平等な条約を結ばされました。
 こうした情報は日本にも届き、欧米諸国と日本の軍事力の差を知ることになりました。船だけを比較しても、江戸幕府は各藩に大きな軍船の建造を禁止しており、鉄でできた蒸気船など想像もつかない物でした。
 そして嘉永六年(一八五三年)六月三日、日本にも蒸気船に乗ったアメリカ人のペリーが来航し、日本に開国を要求しました。一般的には、この年から幕末が始まったと考えられています。
 ペリー来航直後は、アヘン戦争の影響もあって、外国人を日本に入れずに打ち払え、という「攘夷(じょうい)」を唱える意見が多くありました。土佐藩でもペリー来航直後は、攘夷(じょうい)を藩の方針としていました。
 しだいに、幕府では日本を守れないと考える下級武士や有力農民が現れ、彼らは政治の仕組みを変える必要があると考え、天皇を中心とした統一国家を創ろうとしました。こうして江戸幕府は、ペリー来航からわずか一五年で崩壊し、近代的な国家を目指した明治政府が誕生しました。
出典:「幕末維新の土佐 人物紹介」