「志国高知 幕末維新博」企画展・イベント情報

検索期間:
から
まで
キーワード:
8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017/08/17 ~ 2017/09/17 の企画展・イベント情報
おすすめ 開催中
4月1日~平成30年3月31日
「志国高知 幕末維新博」会場巡りスタンプラリー
「志国高知 幕末維新博」の会場を巡るスタンプラリーが新登場!高知県内22の会場を周遊して素敵な商品をゲットしよう。龍馬パスポートを持って出かければ、おトクな特典も受けられて楽しさ倍増!
開催中
7月7日~9月4日
高知城歴史博物館
見性院没後400年記念 山内一豊と見性院
8月26日~10月23日
高知城歴史博物館
「幕末」と「維新」 ~歴史教科書を読む~
9月15日~11月27日
高知城歴史博物館
大政奉還150年記念 大政奉還と土佐藩
幕末四賢侯の一角をなした土佐藩主山内家と志士たちの視点から、大政奉還への道のりと明治新政府樹立までの軌跡を読み解く。
開催中
2017年7月25日(土)~8月20日(日)
「新国家」坂本龍馬書簡特別巡回展
大政奉還から150年の2017年、新たな龍馬の手紙が発見された。それは龍馬暗殺の僅か5日前に福井藩の中根雪江に宛てて書かれたもので、同藩の三岡八郎を新政府の財政担当に出仕させてほしいと懇願するものである。「志国高知幕末維新博」では、この度、この真筆の手紙を特別巡回展示。手紙に書かれた「新国家」の文字の向こうに、激動の時代の中で龍馬が見つめていた未来を感じてほしい。
開催中
2017年7月22日(土)~8月20日(日)
高知市立龍馬の生まれたまち記念館
維新の夜明け展vol.3「龍馬暗殺150年 時代背景から読み解く謎」
2018年の「明治維新150年」に向けて開催する「維新の夜明け展」の第3弾。大政奉還から1か月後、風雲渦巻く京都にて坂本龍馬らが暗殺された。この事件に関する各方面の研究成果を紹介し、歴史的背景を探る。
開催中
7月22日~8月20日
高知市立龍馬の生まれたまち記念館
維新の夜明け展~龍馬没後150年~
開催中
7月25日~8月20日
いの町紙の博物館
第32回紙とあそぼう作品展
開催中
2017年6月24日(土)~8月21日(月)
黒船がやってきた!〜いっしょに学ぼう、開国から明治へ〜
嘉永6年(1853)、アメリカからペリーが2艘の蒸気船を含む軍艦4隻を率いてあらわれ、日本に開国を求めました。それからの変転・波乱に満ちた国内情勢、明治維新後の文明開化までの幕末維新史の流れを、黒船への対応=対外関係を軸にしてご紹介します。小学生向けのワークシートも作成・配布しますので、夏休みの自由研究にもおすすめです。
開催中
2017年6月3日(土)~8月27日(日)
佐川町立青山文庫
志士たちの遺墨展Ⅱ
田中光顕が収集してきた貴重な文献を公開してきた青山文庫。これまでは、みなさんに自由に見ていただき感じていただくことをメインに展示をしてきました。
でも、今回の展示は「なぜこれだけの文献や資料がここへ集まり、今へ引き継がれているのか」その理由を来館者のみなさんへ知っていただきたい!・・・という背景を基に構成されています。
第二弾の企画展は「志士たちの遺墨Ⅱ~田中光顕の想い~」。
今回は龍馬脱藩を示す資料などなかなか見ることができない貴重な資料が展示されます。是非足を運んでみてください♪
開催中
6月2日~8月31日
安芸市立歴史民俗資料館
夏の常設展
開催中
7月1日~8月31日
創造広場「アクトランド」
龍馬の目線Photoコーナー
開催中
2017年8月1日(火)~9月3日(日)
キラメッセ室戸 鯨館
キラメッセ室戸鯨館[夏季企画展] 室戸と西海の古式捕鯨
新しく地域会場となった「キラメッセ室戸 鯨館」でのリニューアル後初の企画展。
室戸に伝わる鯨にまつわる逸話・伝説の紹介や中道寺に残る鯨位牌のレプリカ展示をはじめ、坂本龍馬ともゆかりのある九州北西部を中心とした「西海」の古式捕鯨文化を各地の資料展示で紹介し、「古式捕鯨」をわかりやすく学ぶことができます。
話題のVRで鯨に出会う体験もできる同館。夏休み、大人も子どもも楽しめる鯨館へぜひ足を運んでみては。
開催中
2017年7月7日(金)~9月4日(月)
見性院没後400年 山内一豊と見性院
平成29年(2017)は、土佐藩初代藩主山内一豊の妻、見性院の没後400年にあたります。
これを記念して、二人にゆかりの資料を展示し、著名な逸話やエピソードなども織り交ぜながらご紹介します。
山内一豊と見性院に関する主な資料が一堂に会するまたとない機会です。
ぜひこの機会に、二人にゆかりの資料の数々をご覧ください。
開催中
2017年7月12日(水)~9月4日(月)
幕末維新写真展
坂本龍馬、勝海舟、木戸孝允、後藤象二郎…
国内最大級!幕末維新期の写真コレクションが大集結!
開催中
7月12日~9月4日
中岡慎太郎館
特別巡回展「幕末維新写真展」
開催中
7月8日~9月10日
高知県立文学館
いいから いいから 長谷川義史の世界展
開催中
2017年3月4日(土)~9月18日(月・祝)
高知市立自由民権記念館
「汗血千里の駒」が描く坂本龍馬
1883(明治16)年「土陽新聞」に連載され、坂本龍馬のイメージの骨格を形成した最初の龍馬伝「汗血千里の駒」の内容を全挿絵とともに紹介。
開催中
2017年7月15日(土)~9月18日(月・祝)
高知県立歴史民俗資料館
大政奉還を「象」った男 後藤象二郎
土佐の戦国武将・長宗我部氏が城を構えた岡豊山。現大政奉還から150年にあたる本年は後藤象二郎の没後120年に当たります。
彼が、大政奉還実現のため、坂本龍馬とともに重要な役割を担ったことはよく知られています。しかし、これまで彼を正面から取り上げた展覧会は行われていませんでした。
そこで、「志国高知幕末維新博」関連企画第3弾となる本展では、後藤象二郎を主役として、あまり注目されてこなかった、大政奉還実現にいたるまでの半生に迫ります。
開催中
8月5日~9月24日
高知県立美術館
チームラボ★アイランド/踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
開催中
2017年7月1日(土)~9月29日(金)
龍馬と歴史さんぽ〜江戸から昭和の本たち〜
「龍馬と歴史さんぽ〜江戸から昭和の本たち〜」では、書籍(本)を中心とした展示を行います。江戸時代に本は庶民の間でどのような存在だったのか、本屋はどうやってできたのか、学校(寺子屋)ではどのような教科書を使っていたのかなど、『江戸時代と本』に関する疑問を解きながら、当時の史料を見て学べる企画展になっています。
開催中
7月~9月(予定)
室戸世界ジオパークセンター
室戸深海展(仮称)
開催中
2017年7月1日(土)~10月30日(月)
9:00~17:45
火曜日休館(祝日の場合は翌日休館)
浮世絵で見る幕末
黒船図、桜田門外の変など、幕末維新の大きな出来事を浮世絵を通じて読み解く。
開催中
2017年7月29日(土)~11月26日(日)
安田まちなみ交流館・和
石田英吉展Vol.2
海援隊士から高知県知事になった男・石田英吉
動乱の幕末に、坂本龍馬や中岡慎太郎ら数多の同志を失った石田英吉が、迎えた新しい時代・明治をどう生きたのか。石田の目を通した幕末を紹介し、好評を博した前期展に続き、これまでまったく知られていなかった、志士から官僚への後半生をわかりやすい展示で紹介します。石田をはじめ多くの維新志士を生んだ安田町へこの機会にぜひ足を運んでみてください。
開催中
第一章:2017年8月2日(水)~10月9日(月)第二章:2017年10月13日(金)~11月27日(月)
志国高知 幕末維新博外伝 維新志士 中岡慎太郎&印象派志士 クロード・モネ展
龍馬の盟友の維新志士・中岡慎太郎1838年誕生、クロード・モネ1840年誕生。
一見全く無関係に見えるモネと慎太郎ですが、日本の幕末維新期はヨーロッパでモネが印象派の世界を模索して革命を起こした時と重なります。
同じ時代に「革命」を志して生きた2人。
両者と関係の深い北川村で2つの維新を紹介する企画展を開催します。
開催中
3月4日~平成30年12月28日(予定)
宿毛市立宿毛歴史館
パネル展「明治維新と宿毛」
開催中
2017年4月1日(土)~2019年3月31日(幕末維新博会期中)
定時案内:毎週土曜・日曜日及び祝日 10:00、14:00~
予約...
高知県立歴史民俗資料館
「国史跡 岡豊城跡」めぐり
土佐の戦国武将・長宗我部氏が城を構えた岡豊山。現在、岡豊城跡は国の史跡指定を受け、山全体も岡豊山歴史公園として整備されています。
この岡豊城跡を知りたい方、自然散策を楽しみたい方などを、案内人がお手伝いします。
美しい自然の中で、時代を超えたロマンに浸ってみませんか。
9月1日~10月16日
岡御殿
二十三士展
9月2日~11月26日
佐川町立青山文庫
特別展「陸援隊副長・田中光顕」
9月15日~11月30日
吉村虎太郎邸
虎太郎と津野山文化~神楽と農村歌舞伎~(吉村虎太郎邸)
9月15日~11月5日
宿毛市立宿毛歴史館
特別展「宿毛の大江卓」
9月16日・17日
四万十市立郷土資料館
不破八幡宮大祭(神様の結婚式)
9月16日~11月26日
高知市立自由民権記念館
「土佐の絵図・地図」展